六単塾 解約

メールを使って英語の勉強をする通信教材六単塾ですが、いずれ「もういいかな?」という時が来ると思います。

 

その時解約の手続きをしないと、余計な支払いをすることになりますので、きちんと解約するようにしましょう。

 

そこで、ここでは六単塾を解約する方法とその際の注意点を紹介します。

 

六単塾の解約はサポートに連絡するだけ

基本的に六単塾を解約するには、ホームページから解約の手続をとるか、電話で解約の旨を伝えることが必要になります。

 

それ以外は特にこれといった作業はないですから、簡単といえば簡単ですね。

 

解約を伝えるタイミングとしては特に規定はありませんので、いつでも解約したい時に解約することができます・・・が、一応決済日というのがありまして、その決済日の3日前までに伝えないと来月分の支払いを止めることができなくなります。

 

つまり、1ヶ月余分に支払わないといけない・・・ということ。

 

これについて決済システムの都合上どうすることもできませんから、決済日がいつなのかを調べてから解約するしかないですね。

 

六単塾を解約する際の注意点

先ほど紹介した解約を伝えるタイミング以外にも、六単塾を解約する際の注意点はあります。

 

特に気を付けてもらいたいのが「返金」について。

 

六単塾には年間契約もあり、普通に契約するよりも1か月あたりの金額が安くなりますが、基本的に途中解約ができないデメリットもあります。

 

つまり、年間契約を組んでしまった場合、半年で解約しようと思っても最低1年間は続けなければいけない・・・ということ。

 

もちろん使わない半年分を返金してくれることはありませんので、ここは注意が必要です。

 

また、入塾してから支払ったお金は一切返金されません(当然ではありますが・・・)

 

それ以外にも利用規約には重要なことが書かれていますので、利用する前に一読しておくといいですし、もし面倒であれば事前に六単塾に連絡してこの辺のことを聞いてからどうするかを決めてもいいでしょう。

 

こうしたお金にかかわる問題は、先につぶしておいたほうが納得して利用できますしね。

 

 

 

>>六単塾のレビュー詳細はこちら